熟女出会い系の美熟女に骨抜きにされた学生時代

僕は学生時代、自分より年が倍違うバツイチ美魔女にドはまりしていました。
当時は20歳そこそこ、勉強はそこそこにバイトとサークル活動にいそしむ平凡な大学生でした。
そんな僕が唯一学生生活で満足できなかったものが恋愛面です。
年の離れた姉たちに囲まれて育った環境が影響したのか、僕は同年代の女子たちが子供に見えてしまって恋愛対象にはなりませんでした。
大学でも合コンで知り合った女の子と付き合ったことがあったのですが、家事一つまともにできない彼女に失望して2か月も持たず破局しました。
僕の憧れは年上で経験豊富な落ち着いた女性でした。
しかし、ただの大学生が大人の女性と知り合う機会は限られていました。
悶々とした思いを抱えて過ごしてた時のこと、オナニーでもしようかと考えネットで「美魔女」というようなキーワードを打ち込みエロ動画を検索していました。
その時の検索結果で偶然目に留まったのが、熟女系専門の出会い系サイトでした。
天啓とはこのこと。
大学生でも素敵な熟女さんと知り合うチャンスが熟女出会い系サイトには転がっているはずです。
早速熟女出会い系サイトに登録。
そこはまるで楽園。
大人の熟れ切った魅力満載の女性たちの花園。
大学生で大人の女性にあこがれていることをあかして次々に美魔女たちにアタックを仕掛けました。
結果は大漁。
若い男性の利用者は珍しいこともあり、きれいで優しい熟女さん達からリードの申し出がありました。
その中でも、故川島なお美さんに似ていた佐智子さんがドストライクでした。
華やかで町中の男が振り返るようなルックスながら、連絡のやり取りをする文面からは若い僕に対する気配りが溢れています。
これぞ僕が求めていた女性です。
彼女はバツイチで年は僕の倍ある41歳でした。
でも、彼女の魅力の前ではそんなことは全く気になりませんでした。
経験豊富で落ち着いた熟女を求めた僕と若い男の旺盛な性欲を求めた佐智子さん。
二人の欲望はぴったりと合致し、すぐにホテルに行く話がまとまりました。
佐智子さんは黒のロングスカートに白いニットセーターといういで立ちで登場。
シックで飾らない感じが逆にイイ!
素材の良さが引き立ちます。
腕を組んでホテルに向かい、彼女のスカートに手を掛けました。
驚いたことに、上品な洋服と対照的に下着はスケスケの黒。
「今日は久しぶりだから派手なのはいてきちゃった」とはにかむ彼女。
か、かわいすぎる。
大切な場所に手を伸ばすとすでに十分な湿り気を感じました。
指を動かすと熟女特有の甘く芳醇な香りが鼻腔をくすぐります。
びくびくと快感に体を震わせる姿がエッチすぎます。
「お返しね!」
今度は彼女が上になりフェラチオを開始。
ねっとりと絡みついてくる舌。
若い女では到底まねできない動き、経験豊富な熟女ならではの技。
あっという間に射精感がこみ上げイってしまいました。
「若いんだからまだできるよね」
美魔女のほほえみに背筋がぞくっとしました。
イッたばかりのペニスを再びくわえ込まれ強制勃起。
佐智子さんが上にまたがり、激しく腰を打ち付けてきます。
とめどない快感、とろけるような暖かさ。
「中にちょうだい」
妊娠の可能性の少ないところも熟女の魅力、思いっきり中にぶち込むことができました。
男から精を搾り取る姿はまさに美魔女、すっかり佐智子さんにハマった僕は卒業まで関係を継続。
最高の大学生活を送りました。
気持ちのいいエッチがしたいなら熟女出会い系サイトがおすすめすよ。

 

綺麗な熟女の彼女

僕は、30歳で医療機器メーカーの営業をしているサラリーマンなのですが、結婚願望はあったものの、ここ数年彼女も出来ず、良い熟女女性と出会う事も無く困っていました。

 

「そろそろ真剣に彼女が欲しい」と去年の忘年会の飲み会の場で後輩に相談すると、熟女出会い系サイトの利用を勧められました。
「今は、出会い系ではなく、婚活サイトとか婚活アプリって呼ばれていて利用している人も多いし、試しにやってみたらどうですか?僕もここで最近彼女をゲットしましたよ!」と言われ、どうしても熟女出会い系出会い系と聞くと一歩踏み込めずに居たのですが、こんなに近くにも登録している人が居ると思うと試してみる気になりました。

 

その日に登録して、熟女出会い系サイト内を見ていたのですが顔出ししている可愛い女の子がとても多いのです。
とても驚きました。
僕の目には全員がサイト側の「サクラ」に見えていたので、1番タイプだと思った26歳の看護師の女の子にダメ元でメッセージを送ってみる事にしました。
すると、次の日の朝に彼女からメッセージが届いていたのです。
「こんにちは。初めまして。メッセージありがとうございます。趣味について書いてある所を見たのですが、アニメが好きという事で気が合うと思い、返信させてもらいました。」
と丁寧な文章で返信してくれていました。
この歳でマンガやアニメが好きと書くのは恥ずかしいので悩んだのですが、正直に書いて良かったと思った瞬間でした。

 

そして、彼女と連絡を取り合うようになり、熟女サイト上でのメッセージ交換を1週間程続けた時に、「LINEを交換しませんか?」と聞いてみる事にしました。
すると、彼女からLINEのIDが送られてきたのです。
心のどこかで「サクラ」だと疑っていたので、本当に驚きました。
そして、LINEでもお互いの仕事やアニメ・漫画の話で盛り上がり毎日メッセージのやり取りをして楽しい日々を送っていました。
僕は、女の子と連絡を取り合うのが久しぶりだったので連絡だけで満足して毎日が楽しかったのですが、彼女から「直接話をしませんか?」と誘ってもらったのです。
僕は嬉しくて「いつにしますか?場所は僕が用意します!何が食べたいですか?!」とすぐに返信したのですが、彼女から「電話のつもりだったのですが、、、私はパスタが食べたいです。」と返信を貰いました。
思い違いもありましたが、なんとか会う約束をする事が出来ました。

 

大阪のグランフロント内にあるレストランを予約する事にしました。
ですが食事の当日はドキドキして、仕事も手に付かず大変だったのですが、仕事を早く終わらせて約束のJR駅の改札前で少し早めに待つ事にしました。
ですが、待ち合わせ場所にはすでに綺麗な女性が立っています。
20分も早くから彼女はすでに待っていたのです。
「はじめまして。遅くなりすみません。」と挨拶をすると「全然遅くないですよ?私が早く着いちゃっただけで。」と和やかな雰囲気でレストランへ向かう事が出来ました。

 

とても、清楚で見た目も写真そのもので綺麗でしたし、そんな彼女がどうして婚活サイトをしていたのか気になり聞いてみたのですが、やはり婚活サイトを使っている友人からの勧めだそうです。
看護師同士で合コンへ行く事もあったそうなのですが、飲み会は苦手らしく、上手くいかなかったと。

 

ですが、僕達の食事会は好きなアニメの話で話は尽きませんでしたし、医療機器メーカーと看護師なので共通の話題も沢山ありました。

 

そこから食事を重ね、熟女との交際が今年の3月からスタートしています。
出会ってから丁度3ヶ月くらいでした。

 

今は熟女婚活サイトは色んな人が利用していて、利用者数が多い事も知りましたし、今回ステキな彼女と出会えた事を本当に幸せだと思っています。
試しに登録して本当に良かったです。
熟女婚活サイトだからこそ、お互いの趣味が合う相手と初めから出会えたと思いますし、上手くいったのだと思いました。
僕も彼女が居ない友人に婚活サイトの登録を勧めてあげようと思っています。

 

40代熟女とお付き合い

数年前…40代中盤の話です。
「熟女出会い系サイト」と聞いて、どういった感想を持つでしょうか?
遊び相手を見つける?運命の相手と出会う?
すぐにそこまでいかなくても、数ヶ月がんばればリアルで一人二人と会えるだろう…そう思っちゃいますよね。
もちろん、短期間で理想の相手と結ばれる男性もいますが、大多数にとって現実は厳しいものです。
私も例に漏れず、熟女出会い系サイト内のコミュニケーションは上手くいっても、現実に会うまでいくのは中々…という状況。
最近は熟女出会い系サイト内だけでもそれなりに楽しめるので、いつしか私もサイト内活動に没頭していました。
それでも希に、思い出した様に女性のプロフィール検索をかけたりしますが、はっきりいってルーチンワークです。
そしてある日私は、「絶対に自分(おっさん)に興味を持たない」であろう女性を対象を検索、検索相手は、「女子大生」です。
私の年齢を明らかに嫌っていたりする女性は止めておき、それでも幾人かにメールを送信。
「返事はないだろう」と、次の日には既に執着もなく忘れかかっていましたが、なんと一人から返信が来ていました。
「マジか…いやまて、クレームかもしれん」と自制しつつ、それでも期待してメールをオープン。
意外にも好意的な内容で、再び「マジか…」を呟きます。
その後何通かメールのやり取りをし、満を持してお茶に誘ってみました。
またしても返事は好意的、日時は向こうから提案です。
こちらにも都合がいい日時だったので了承し、ワクワクしながら待つこと一週間。
待ち合わせ場所には30分以上前につき、「プロフィールが嘘だったら?美人局かも?」と自分で不安を増殖させます。
彼女は10分以上遅れて来ましたが、やはり彼女も不安で、少し様子をうかがっていたそうです。
正直、かなり可愛かった。
ものすごい美人ではないですが、平均以上の可愛さの女性といっていいでしょう。
その日はお茶だけで解散しましたが、私の緊張に笑っていたのを覚えています。
別れ際、彼女から軽くハグをしてきたのにはびっくりです。
その場では次会う約束はしませんでしたが、メールでその日のお礼と次回の約束を彼女からしてきました。
彼女は医療従事者(少しぼかします)を目指す勉強をしていたので忙しく、会えるのは月一か二ヶ月に一回程度。
私はピュアな付き合いで良かったのですが、ある日の別れ際彼女から「キスだけしていただけませんか?」と言われキス。
だけが気になりそれ以上何もしないでいると、「キスは大好きなんです、でもそれ以上は…」との説明。
キスだけといっても男がそこで止まれる保証はなく、それまでのハグで私を計っていたわけです。
私も男なので女性には普通に興味がありますが、当時は事情があり、あまりしたくありませんでした。
お互いの利害といっていいか分かりませんが、思惑は一致して、その後の別れ際にキスするのが習慣となっていきます。
結局彼女との付き合いは2年近く続いたでしょうか?
彼女は大学が、私は仕事が多忙になり、頻度が減り、自然に消滅することに。
私は熟女出会い系サイトが詰まらなくなり退会することにし、最後に彼女のプロフィールを見ましたがもうログインしていない様でした。
私はその後病気を患ってしまい、今でも通院していますが、病院で女性のスタッフを見ると、たまに彼女を思い出します。


更新履歴